【ブログ】私の言葉を抱きしめて生きていく

         
長い間わたしの人間関係において
言いたいことが言えなくて
それがストレスになって最終的に
相手との関係を遮断する
というパターンを行ってきた
   
   
        
相手のとの関係を遮断すると
それはそれで楽なんだけど
結局自分の中にある
モヤモヤは消えないから
言いたいことをなるべく言うように
少しづつ変化させていった
    
   
      
でも言葉って難しいから
言い方には充分に気をつけながら
     
   
      
それでも
準備が出来ていない相手だと
自分のことを否定されたような
気持ちになるのか
今度は相手から遮断される
という状況に落ちいる事が増えていく
    
     
       
自分なりに
気持ちを丁寧に伝えたあとは
相手がどんなリアクションとっても
そこからは相手の問題であるから
私はそれ以上は
どうしようもないのだけど
     
     
      
今までの癖ですぐに
『ごめんね、私が悪かった』と
謝りそうになる自分がいる
   
   
     
そうやって言えば
何もなかったように
今まで通りに過ごせるから
    
      
       
摩擦を避けて生きてきた
私にとっては
謝るほうがとうに楽なのだ
    
    
       
でも、それをするという事は
私が伝えた本心からの言葉を
無かったことにするのと一緒だ
    
   
     
自分が放った心からの言葉を
ないがしろにして生きたくはない
     
    
      
というわけで
不用意にすぐ『ごめんね』と言う癖を
今、手放そうとしている最中です
(何の報告www)
     
エリー🔯👑
Ellie Ukifune

この記事が役にたったらシェアしよう!