【願望実現】葛藤を手放せば願いはどんどん叶っていく

           
  
   

①これから起こる地球の大きな変化

どんな現実が今起きていても、これからどんな未来が訪れようとも、それを恐れたり自分や誰かを責める必要はありません。日常的に起こるどんな出来事に対してもできるだけ『ニュートラルな状態』でいて下さい。そのような状態でいることは、わたしたちの肉体やエネルギーに非常に良い影響を与えるからです。
     
     
       
あなたが望むものを手にしたいと思う時、エネルギーの状態をクリアにしておく必要があります。今は、まわりの情報に流されるのではなく自分の意思、そして明確な意図に意識をフォーカスし続けて下さい。
あなたの意思が向かうところに現実も向かっていきます。
        
           
                      
2020年から2025年までは、地球の大陸で大きな変化があります。大陸プレートの変動によって地球の火山活動が活発になります。世界中のあらゆる場所、地域で地震が頻繁に起こるようになります。日本もこの地球全体の火山活動の活発化の影響を大きく受けることになります。これから起こる地球の変化で、人間に一番大きな影響を与えるのはこの火山活動によって起こる地震かもしれません。
        
        
                 

②90日先の未来を予測して生きよう


これから起こる変化に対して、恐れるよりもまずやって欲しいことがあります。わたしたちの肉体は90日先までの未来を予知する能力があります。この肉体の機能は誰にでも備わっている能力です。わたしたちの肉体は危険を察知すると、動物的本能から安全な場所に直感的に移動しようとします。
      
        
                 
2004年にインド洋で起きたスマトラ沖地震では、動物たちは地震が来る前に津波のやってこない高台に移動していました。動物的本能を宿す肉体と普段から深くつながっていれば、わたしたちも同様に正しい時に正しい場所にいることができます。今年2020年、そして来年2021年は肉体とのつながりを強化していくことをオススメします。
         
      
            

③願いの現実化を阻んでいる葛藤について


さて今日は願いの現実化を邪魔する『葛藤』について詳しくお話したいと思います。古代文明のレムリアやアトランティスでは、望むものを現実化しようとする時には、召喚(コーリング)と呼ばれる現実化の手法を行っていました。もちろん、現代でもその手法はとても効果的に望むものを手に入れることができます。皆さんも無意識のうちにその手法を使っているかもしれません。
   
   
    
しかし、このコーリングと呼ばれる現実化の方法も”葛藤”がある場合は、うまく機能しません。では、この葛藤とは一体どういったものなのでしょうか。
         
    
           
わたしたち人間の本質は、1人1人が宇宙の偉大な創造主の生き写しです。ですから、生まれながらにしてわたしたちは誰ひとり例外なく、この地球上で望むものを意図して創造を起こすことができます。けれどまだ多くの人がそのような状態には至っていません。それはなぜかというと、ほとんどの人が【過去からの葛藤】を握りしめているからです。
         
        
         
葛藤はどこに存在しているかというと、ほとんどの葛藤はわたしたちのエネルギー体やオーラとも呼ばれる場所、エーテルの中に存在しています。
   
   
          
例えば、あなたが願いを意図したとします。個人の意思でもある”意図”は、肉体のチャクラシステムを通してその人自身のエネルギー全体へと伝わります。もしこの時、葛藤を持っていなければ、送り出した意図に対してとても短い時間で現実化が起こりはじめます。
          
         
                       
けれど、自分のエーテルの中に葛藤を多く持っていた場合は、あなたの放った願いの意図は全体に行き渡りません。願いの意図とそれを邪魔する葛藤がぶつかりあいます。同時に方向性の異なる2つのエネルギーが発生するのです。
       
         
        
『この願いを叶えたい』
『この願いを叶える必要はない』
        
     
     
この2つのエネルギーが混ざりあい、葛藤のエネルギーが強ければ、願いのエネルギーは小さく留まります。そして、それ以上は拡大していきません。願いを叶えようとする意図と、願いを邪魔する葛藤が、あなたのエネルギーシステムに異常を起こすのです。
   
  
      
これは車に例えると、同時にアクセルとブレーキを踏んでいるようなものです。アクセルとブレーキを同時に踏み続ければ、そのうちに車は壊れます。エネルギーにも同じことが言えます。
     
        
          
自分はちゃんと意図しているのに!
ちゃんと決めたのに!
ちゃんと選択しているのに!
どうして思い通りにならないんだ!
          
      
         
そんな風に思ってしまうかもしれません。けれども経験上『願いがなかなか叶わない😔』と相談に来るクライアントのエネルギー状態を見ていると、多くの人のエネルギー状態は葛藤のエネルギー量が勝っている状態であるという事が見て分かります。
           
        
             

④葛藤とは実は○○○だった!

葛藤に気がつくのが非常に難しいことです。なぜなら葛藤は、自分自身のエネルギーでもあり、自分の意図でもあるからです。もし誰かがあなたの願いが叶うのを邪魔したのなら、あなたはすぐにその違和感に気が付くはずです。他人のエネルギーが介入してくると、それはあなたの気分を悪くして、肉体のダルさと、エネルギーの重さ、そして嫌悪感を感じさせるからです。
             
              
                  
でも自分が持っている葛藤にはなかなか気づきません。自分の葛藤は、前述した通り自分自身のエネルギーです。だから葛藤を持ち続けていても違和感がないのです。多くの人が、気が付かずに葛藤を握りしめている理由はここから来ています。
            
    
      
誰かが、あなたの願いの現実化を邪魔しているわけではありません。そして誰もが、自分の願いが叶うのを邪魔しているのがまさか自分自身だということを認めたくないかもしれません。自分の人生に起こることすべての責任が自分にあるとは思いたくないのです。だから、ほとんどの人はそれに気が付かないようにしています。
                       
               
                   

⑤葛藤を上手に手放す方法


葛藤を手放すためには、本当に自分自身と真摯に向き合うことが必要です。そして、自分の内側に意識を向け続けることです。
  
 
    
葛藤は決して悪いものではありません。葛藤は悪でもありません。葛藤はある種の意図であり、ただのエネルギーです。だから自分の意思や意図で手放すことができます。
  
  
     
もしあなたが本当に葛藤を手放して願いを叶えたいと思うなら、1日の間に1人で過ごす時間を少しでもいいのでとって下さい。10分から20分程度で大丈夫です。そして『自分の願いを邪魔する葛藤はなんだろうか?』と自分に問いかけてみて下さい。できれば毎日やるのが効果的です。
               
             
                     
また、葛藤を手放すために自分の意思や意図(願い)を明確にすることも非常に大切です。意図が明確であれば、それにそぐわない葛藤が自然と表に出てくるからです。常に、自分の意思がどこにあるのか、自分の望んでいるものを把握しておきましょう。
         
         
                     
うまくいかない時でも、決して自分のことを責めたりせずに、そして諦めないでいて下さい。つらい状況の中にいたり問題が繰り返し起こると、もう自分と向き合うのはやめようかと思ったり、無意味なことをしているのではないかとつい思ってしまうかもしれません。
     
   
         
けれど本当に真摯に自分と向き合うことは、あなたに気づきと大きなチャンスをもたらしてくれます。あなたは、今この瞬間も自分の人生の主導権を握っていて、自由な人生を選択することができるのだから。
           
Ellie Ukifune

この記事が役にたったらシェアしよう!