【アカシックレコード】起こりうる可能性のある12通りの未来

   
  
  


①アカシックレコードから見た人生の仕組み

誰もが生まれてくる前に、自分がどんな人生を生きるのか、どんな道を選択するのか決めて生まれてきています。では、もう自分の未来は決まっていて変えることができないのか?そうではありません。確かに、わたしたちはいくつかの未来の可能性を秘めて生まれてきています。
       
    
         

②誰もが12通りの未来の可能性を持っている

でも『絶対にこうなる』という確信的な未来ではありません。なぜなら、誰もが12通りの起こりうる未来の可能性を持っているからです。アカシックレコードを見ると、12通りの可能性のある未来の情報を持っていて、未来は一つではないことが分かります。誰もが12通りの可能性を持って生まれ、自分の自由意志で選択をしながら、人生を切り開いていきます。
        
      
           
よく聞かれる質問が2つあります。

自分の人生は生まれたときから
    決まっているのだから自分の意志では
    変えられないのですか?
   
   
◆自分が創造主なのだから
   すべて自分で決められますよね?
   私たちはいつだって自由ですよね?
    
    
     
一方は、自分の意志では決められず生まれたときから決まっている人生、そしてもう一方は、創造主のエッセンスを持つ自分自身こそが自分の意志で決めて切り開いていく人生、この2つの考え方は一見、相反するように思えるかもしれません。
   
         
         
アカシックレコードの側面から見ると、この2つの問いは、両方に対してイエスと言えます。わたしたちは、誰もが生まれてくる前に、自分の人生の方向性を決めて生まれてきます。

   
   

③生まれてくる前に決めてくることの一例

・どんな家庭、どんな親を選んで生まれるのか?
・どんな幼少期を過ごすのか?
・どんな人たちと関わりあって成長していくのか?
・どんな問題や課題を受けいれて
    解決していくのか?
・自身の持つ『葛藤』を開放していくこと
・どんな仕事について
    どんな事に情熱を注ぐのか?
・どのパートナーと結婚し
   どんな風に家庭を築いていくのか?
     
     
これはほんの一部ですが、生まれる前に決めてくることは人によって様々です。そして、常に選択肢が12通りあります。だから、わたしたちの人生は決まっているようで、全く決まっていないとも言えます。わたしたちは常に、12通りの可能性のある未来を選択しながら生きています。
           
             
              

④アカシックリーディングでお伝えできる未来の情報について

個人セッションなどをしているとクライアントによくこのように聞かれます。『わたしの願いは叶いますか?』この質問にはこのように答えます。『あなたのその願いが叶うかどうかは自分で決めることです』と。アカシックリーディングの個人セッションにおいては、その時点において一番可能性の高い未来をお伝えします。
          
           
             
アカシックリーディングのセッションを受ける側も、アカシックリーダーが伝える、可能性の高い未来さえも自分で決めているのだという事を理解していく必要があります。アカシックリーダーがどれだけポジティブな情報を伝えたとしても、本人がそれとは違う道を選べば、その方向に向かっていきます。
    
    
      

⑤自分の不完全さへの葛藤が望む未来を遠ざけていく

アカシックレコードは『想念エネルギー』という名のエネルギー粒子の集まりです。エネルギーは常に振動し、動き(流れ)続けています。だから、起こりうる可能性のある未来も常に変化し続けています。未来は、毎瞬毎瞬変わっているのです。そういう意味では、誰もが常に大きな可能性の中に存在しているのです。自分が意識を向けて選択した未来へとエネルギー流れ込みます。そしてその人自身も選択した方向へと向かっていくのです。
      
      
      
自分が望んでいる未来へと進みたいときは、あなた自身が『自分をどれだけ受け入れているか』が非常に重要です。ほとんどの人は、『このままの自分ではダメだ』『自分にはいつも何かが足りない』と思っています。自分が正しいときに正しい場所にいなければいけないと思っていて、そして今の自分にはそれができていないと思っています。『自分が正しくいなければならない』という葛藤を持っているとき、望む未来を選択しているように思っても、選択していません。
     
        
         
そういう人は、自分が完璧な状態になるまで、そのままでいようと思っているのです。『自分が完璧な状態になるまで望む未来を生きてはいけない』という選択をしています。GOサインが出るまで待機している状態です。誰かがGOサインを出してくれるのを待っています。でもGOサインを出すのは自分自身なのです。
    
    
     

⑥自分の本質に目を向けて生きることの重要性

自分の完全性、そして今ここに存在している必然性にフォーカスすることが大切です。この瞬間もあなたに欠けているものは何もないからです。その言葉の意味は、もう成長しなくていいという意味ではありません。自分の存在の本質に気がつくことです。わたしたち人間は、2つの存在から形成されています。進化する『スピリット』と完全性を通して存在する『魂』、この2つが融合した存在がわたしたち人間です。
    
      
            
完全体である魂はみな同じ瞬間に創造され、時空や次元を超えた完全体でユニークな存在です。一方で、スピリットと呼ばれる存在は、別名、潜在意識とも呼ばれ変化し、進化し続け獲得しようとします。それがわたしたち人間の本質です。
     
     
       
わたしたち個人の中に、創造主としてのビジョン、全体(宇宙)が宿っています。自分の願いや夢を叶えてくれる存在がどこかにいるのではなくて、自分自身が創造主として生きるのです。明確なビジョンと指令を下すことで、地球のスピリットや宇宙存在たちのサポートを得ることができます。そうなれば、本当に努力なしで望むものを手に入れることができます。
       
        
                 
何度も言いますが、あなたに欠けているものは何一つないのです。自分の完全性に目を向けることが、アカシックレコードに書かれている12の可能性の未来を知ったり、自分の望む未来を現実にするための足がかりになります。自分に対するジャッジを手放して、完全であり自由である自分の人生を生きて下さい。
           
Ellie Ukifune
      

この記事が役にたったらシェアしよう!