わたし、とってもとっても
憧れているひとが
世界でただ1人だけいて
    
 
 
 
     
その人みたいになりたいって
こころのどこかで
ずっと思ってた
     
     
 
 
 
でもこころのどこかで
わたしがその人みたいに
なれるはずないって
決めつけてた
       
      
 
 
  
歌も歌えないし
踊れないし
強さも環境も
才能もそこまでないんだしって
       
      
 
 
   
でもそれは
自分の可能性を大いに
制限していることだと
気がついてハッとした
        
 
 
 
          
わたしにできることは
まだまだあるのに
自分で限界を決めていたんだ
自分の意図が現実に反映する
      
     
 
 
 
だからわたしの世界は
広がらなかった
簡単なことだよね
      
        
 
 
  
わたしたちは
誰もが力を持つ者
それを今
思い出さなくちゃいけない
 
     
 
 
あらゆるものに渡していた
奪われてしまった
力を取り戻さないといけない
 
 
 
 
 
あなたに1番欲しいもの
あなたの1番の強さ
それが既に自分の手の中にあると
気付かなければならない
    
    
 
 
 
世界はいつも思い通りなんだよ
世界を創造するのも
魅了するのも
いつだってこのわたし
そしてあなたなんだよ
   
    
 
 
世界よ
宇宙よ
偉大なわたしの力を
みるといい
    
 
 
 
      
偉大なわたしたちの
力を知るといい
{969FF73B-D18C-4E07-9709-685CD839F043}

 

{9A9F2B32-2698-4D00-B4EC-4F2951C2B82E}

 

{509D6CF2-9F1C-415C-A4A0-80D8B8AAF185}

 

{351D941A-CEBB-409B-9FDD-D34FAA08B007}

 

{B7E4C845-E9DF-4A9B-8ABE-1DC881BF5669}